• Home
  • About
  • Blog
  • 【BCP策定(事業継続計画)サービス】事業継続力強化計画 認定事業者 BCP策定支援 企業防災 事業インパクト分析 リスクアセスメント

    行政書士と連携し、企業様・事業主様における緊急事態時の事業継続と迅速な事業復旧を目指す計画づくりをご支援します。

    ~BCP策定支援サービスの概要~
    パンデミックや災害、風評被害、IT障害等緊急事態など緊急時の被害を最小限に抑え、事業を継続・復旧させるための危機管理はできていますか?
    空白の時間が事業のマイナスコストを益々増やしていきます!

    そのためには企業の被害を最小限にし、事前に事業継続のためのBCP(事業継続計画)を策定しておく必要があります。
    事業の継続や早期復旧を図ることは非常に重要です。


    ~BCP策定の流れ~
    BCPは単なる防災対策と異なるため、目的を「事業の継続」とし、
    具体的な行動指針を示す必要があります。
    企業は経営理念や基本方針を振り返り、中核事業を明らかにした上で
    実現可能な具体策を決め文書化しなければなりません。

    STEP1 基本方針策定
    BCPに関する基本方針、実施体制、対象範囲、目標復旧時間と目標復旧レベルの設定、BCP発動基準を策定

    STEP2 リスクアセスメント
    発生事象の洗い出し、リスクマッピング、製品・サービスの供給停止時の影響などを評価・分析

    STEP3 対策検討
    重要製品・サービスの供給継続し早期復旧・早期復旧するための具体的な事業継続計画を検討

    STEP4 文書作成(提携行政書士にて)
    検討した事業継続対策の結果を踏まえて、事業継続計画を策定し文書化

    BCPは、緊急時においてビジネスを守るための重要な計画となります。
    様々なリスクに直面しても冷静に対応できるよう、BCP策定に積極的に取り組み、
    継続的に評価・見直しすようにしましょう。

    企業防災を促進し、顧客の信頼維持の維持につながります。

    ~BCP策定のメリット~
    事業を早期復旧することで、経営面での被害を最小限にし、
    事業継続をおこなうことも可能となります。

    ■ 事業継続力強化計画の認定事業者は、各種金融支援や税制優遇などを受け入れることができます。
    ■ 認定事業者(連携型の場合は大企業者含む)は、認定ロゴマークを使用することができます。

    ①認定によって導入した設備の減価償却の期間短縮の税制優遇が受けられる
    ②認定ロゴマークの使用
    ③補助金の加点ポイントになる


    ~BCP策定サービス内容~
    ・事業インパクト分析
    ・リスクアセスメント
    ・BCP策定
    ・事業継続力強化計画策定 など

    ¥165,000

    ※こちらの価格には消費税が含まれています。

    ※この商品は送料無料です。

    再入荷のお知らせを希望する

    年齢確認

    再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

    メールアドレス

    折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「econoha.jp」を許可するように設定してください。

    再入荷のお知らせを希望する

    再入荷のお知らせを受け付けました。

    ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
    メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
    通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

    折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「econoha.jp」を許可するように設定してください。

    \ 行政書士と提携 /

    企業様・事業主様における緊急事態時の事業継続と迅速な事業復旧を目指す計画作りをご支援します。

    ★ エコノハアネッツ BCP策定支援サービス

    緊急時の被害を最小限に抑え、事業を継続・復旧させるための危機管理対策を支援します!

    <BCP策定支援サービスの内容>
    ・事業インパクト分析
    ・リスクアセスメント
    ・BCP策定
    ・事業継続力強化計画策定  など

    通報する

    ショップの評価

    関連商品